目的の重要性

「目的」を明確にしよう!

 

ここまで

 

  • 投資の必要性
  • どうやって投資で成果を出すか?
  • 必要保障はどれくらいか?

 

など、


人生を長い目で見た時、どのような資産形成が必要になるか


といった話をしてきました。


これまでも少し話をしてきましたが
投資をする際に最も大事になってくるものは


なんのために資産形成するのか?


という「目的」になります。


この「何のために?」が明確でない
目先の利益を追いかけてしまったり、感情に流されたりして
結果、うまく資産形成できないということになってしまします。


逆に言えば


「目的」さえはっきり決まっていれば、うまく資産形成できる!


ということになります。


過去に説明した「GPIF」
私たちの社会保険料の一部を運用する目的は


将来不足する年金に備える


という明確なものがあります。


個人で
老後に豊かな生活を送るための資産形成という
という目的がセットされれば

 

  • 老後必要資金はいくらか?
  • 現時点でいくら足りないか?
  • どこにいくら分散させれば、それを達成できるか?


このような答えを逆算して出すことは簡単です。
あとは、それに向けて実践していくのみです。


目的がまだ明確ではないのであれば


「資産を減らさない」


ということを目的にしてみてください。
今ある資産を減らさないためには、インフレに対応しなければいけません。
そうなれば、過去にも説明した通り、預貯金だけでは危険です。


「老後なんてまだまだ先でイメージできないし、減るような資産もない。」
といった人は


「子供たちに伝えるため」


ということを目的としてください。


2022年4月から始まる、高校家庭科での投資授業を皮切りに
お金の勉強は、子供たちにとって当たり前となってきます。


その時、一番身近な大人が教えてあげられるようになるためには
知識だけではなく、実践しておく事が必要です。


もう一度


「何のために?」
「誰のために?」


を考えてみてください。

 

投資の大原則に従う


目的が決まれば、あとは


「投資の大原則」


に従うだけです。

 


これだけです!


数回にわたって、投資の必要性や、老後資産の形成などについてお話しさせていただきました。
ここから先は、実践していく上で、より具体的な話になります。

 

  • 目的にあった投資って、何年間?いくら必要?
  • 分散ってどれくらいすればいいの?


といった事や、投資ごとの

 

  • リスク
  • 手数料
  • 税金

 

について考え、商品を決めていく必要があります。

ここは、その人の目的や置かれている状況に応じて大きく変わってきます。


アーリークロスの個別相談では
それぞれにあった資産運用について、より明確にしていきます。
投資の大原則が変わることはありませんので
あとは目的に合わせた運用を組み合わせていくだけです。


将来、やりたい事ができる生活を目指しますか?
それとも、制限された生活で我慢することを選びますか?


一度、アーリークロスに相談してみてください!

 

Contact
ご質問、ご意見等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
このサイトを共有する