【はじめての証券口座に!】楽天証券の口座開設やってみた!おススメの理由も!

証券口座を開設することは資産運用を始めるにあたって必ず必要になります。


しかし、日本には現在証券会社が270社も存在し※1、資産運用が初めての人にとっては、どの証券会社を選ぶべきなのか?悩みますよね。


今回、筆者も証券会社の見直しを実施したのですが、色々と悩んだ末に楽天証券の口座開設を行いました。


今回は、まだ証券口座を持っていない!という方に向けて参考になるように、筆者が楽天証券のメリットに感じた部分と、実際に楽天証券を開設するステップについて解説していきます!


ご自身の証券口座を開設する際の参考にしてください!


※1 参考:日本証券業協会
https://www.jsda.or.jp/shiryoshitsu/toukei/kaiinsu.html

楽天証券のメリット

様々な証券会社の中から、筆者が今回楽天証券を口座開設する決め手となった点を大きく3つ挙げていきます!

 

 

取り扱い銘柄、投資信託が多数で各種手数料も安い

楽天証券では、日本株の他に外国株、特に米国株は3,966銘柄、投資信託の銘柄数も2,687銘柄、特につみたてNISA銘柄は178銘柄で現状トップ※2のラインナップを誇ります。
販売報酬ゼロで購入できる投資信託も数多く取り揃えています。
幅広い選択肢があるのはうれしいですね。


また取引手数料も、昨今の大手ネット証券の間での価格競争のおかげで業界最低水準となっているので、手数料をあまりかけずに効率的な投資を行うことができます。

 


※2:2021年9月30日確認

 

 

楽天銀行の優遇金利(マネーブリッジ)

楽天証券とともに楽天銀行を開設して、この2つのサービスを紐づけする「マネーブリッジ」の申し込みをすることで、楽天銀行の普通預金の金利が0.1%の優遇金利となります。


※楽天銀行マネーブリッジの紹介ページ
https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermediation/moneybridge/


ちなみに福岡銀行の普通預金は0.001%ですので、その差は歴然ですね。


生活防衛資金しばらく使わないお金などの安全資産を楽天銀行においておくと、金利の面でいくらかおトクな思いができます。

 

 

日経テレコンで日経新聞の記事が読める

楽天証券を開設し、スマホアプリを利用することで、日経テレコン(楽天証券版)が利用することができます。
日経テレコン(楽天証券版)では、以下のものが閲覧できます。

 

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分)
  • 過去1年分の新聞記事検索
  • 日経速報ニュースの閲覧


日経新聞は普通に購読すると4,900円かかります。
アプリ経由のため、若干読みにくさはあるものの、記事をピックアップして読む用途には十分な出来です。


日経新聞の購読をされている方で、これで十分と感じる方にはかなり大きなメリットですね。

 

 

その他にも楽天ポイントも貯め易くなるなどのメリットもありますので、普段から楽天系のサービスをよく使う方には間違いなくおススメです!

楽天証券開設のステップ

楽天証券の開設するにあたって、まずは下記のページより口座開設のリンクをクリックします
https://www.rakuten-sec.co.jp/


手順に従ってメールアドレスを入力すると以下のようなメールが来ます。

 


メールに記載のリンクをクリックすると、本人確認書類のアップロードを求められます。

 


メールに記載のURLには、スマートフォンからアクセスした方が、書類の撮影→アップロードがやりやすいのでおススメです。


本人確認書類のアップロードの次に、個人情報の入力画面に移ります。

 

※個人情報入力画面のなかで

 

  • NISA
  • iDeCo
  • 楽天銀行


上記の申し込みをされる方は、それぞれの項目の「申込む」を選択しておきましょう。


特定口座の開設の有無に関しては、ほとんどの方が「特定口座開設する」で大丈夫かと思います。


※特定口座について

 

ここまで終わったら、あとは入力内容と約款、既定の同意をしたら申し込み完了です!
ここまでに要した時間は10分程度でした!
あとは1週間程度で送られてくる口座開設の書類を見て初期設定を済ませれば完了です。

 

まとめ

以前、初めて証券口座を開設した際には、書類請求をして、到着した書類を記入して、必要書類をそろえて返送してそれから2、3週してから届いた書類を見て口座開設の設定をして・・・といった調子だったので、今回楽天証券で口座開設してみた感想は
「こんなに簡単なんだ・・・。」
という驚きが大きかったです。


こんなに気軽に資産運用が始められる、いい時代になりましたね・・・。


資産運用を始めたいけど、証券口座をまだ持っていない方は、是非参考にされてくださいね!


「おかねの勉強」に興味がある!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

【日経平均との違いは?】TOPIXとは?

日経平均株価と共にテレビや新聞の経済ニュースなどでよく見る「TOPIX」という言葉。


日経平均株価は、日本経済新聞社が発表している、東証1部に上場されている銘柄から225銘柄を選出し、算出される株価指数であるということは、前回記事で説明させていただきました。

 

※日経平均株価の記事はコチラ!


しかし、同じくらい耳にするTOPIXについて、どんなものなのか理解できている方は少ないのではないでしょうか?


TOPIX(=Tokyo Stock Price Index)は東証株価指数の略称を指し、日経平均株価と並んで、日本の景気動向を探る上でとても重要な指数なのです。


今回はTOPIXについて、どんな株価指数なのか?日経平均株価との違いと、ぜひ覚えておいてほしい「TOPIX Core30」についても解説していきます!


日本の株式市場の動向を見ていく上で欠かせない指数であるTOPIXについて、この機会にしっかり理解していきましょう!

TOPIXとは?

TOPIX(東証株価指数)は日経平均株価と並ぶ日本を代表する株価指数です。
その歴史は古く、1969年7月1日より公表されています。


東証一部上場の全銘柄の平均を対象に算出、公表されている指数で、1968年1月4日の東証一部の全銘柄の時価総額を基準として、当時の時価総額を100として算出される指数がTOPIXなのです。

TOPIXの算出法と日本のTOPIXの変遷

TOPIXの算出方法ですが、その時点の時価総額を基準時価総額で割ることで算出されます。
具体的には以下の図のとおりです。

 

※参考:基準時価総額・銘柄数 | 日本取引所グループ
https://www.jpx.co.jp/markets/indices/related/value/index.html


1968年に100ポイントでスタートしたTOPIXは、バブル経済の1989年末に史上最高値(2884.80ポイント)を記録しましたが、バブル崩壊後に日本経済は急速に縮小しました。


給料がなかなか上がらず、物を買わないので物価も上がらないというデフレ経済の状態が続きました。
政府はお金を借りやすくするためにゼロ金利政策を打ち出したり、世の中のお金増やすを量的金融緩和などを実施しましたがうまくいかず、2003年には株価は暴落(770.62ポイント)しました。


2008年のリーマン・ショックにより、世界的な経済不況となり、2011年の東日本大震災の翌年(2012年)にTOPIXはバブル崩壊後最低(695.51ポイント)となりました。


その後は「アベノミクス」と呼ばれる経済政策により、徐々に日本経済は上向き、株価も上昇傾向になり、今に至ります。

 


これがTOPIXのチャートです。
日本経済の動向とともに推移してきているのが分かりますね。

日経平均株価との違い

 


TOPIXと日経平均株価の違いは上記のとおりです。


一番大きく違う部分としては、対象となる銘柄数の違いです。
ニュースで見る機会が多く、なじみ深いのは日経平均株価の方だと思いますが、実際に日本の株式市場全体の動きを知りたい場合にはTOPIXの動向を見る方が適切であると言えます。


逆に、日本の主要企業の動向を見る用途では日経平均株価のほうが適切である、ということですね。

TOPIXニューインデックスシリーズについて

TOPIXについて理解いただいたついでに、ぜひ覚えておいていただきたいものが、「TOPIXニューインデックスシリーズ」です。


TOPIXニューインデックスシリーズは、TOPIX(=東証一部)の構成銘柄を、それぞれの銘柄の規模で細分化した8種類の株価指数を指します。
分類は以下のとおりです。

TOPIX Core30 : 時価総額、流動性が高い30銘柄
TOPIX Large70 : TOPIX Core30についで時価総額、流動性の特に高い70銘柄
TOPIX 100 : TOPIX Core30、TOPIX Large70の構成銘柄
TOPIX Mid400 : TOPIX Large70についで時価総額、流動性の高い400銘柄
TOPIX 500 : TOPIX Core30、TOPIX Large70、TOPIX Mid400を構成する500銘柄
TOPIX Small : TOPIXの算出対象から、TOPIX 500を除いた銘柄
TOPIX 1000 : 時価総額と流動性の高い1000銘柄
TOPIX Small500 : TOPIX Smallの中で、TOPIX1000に含まれる500銘柄

 

※参考:https://www.jpx.co.jp/markets/indices/line-up/files/fac_12_size.pdf


この中で特に重要とされているのが「TOPIX Core30」です。


↓コチラのリンクから組み込まれている銘柄を見てみましょう。
https://kabutan.jp/themes/?theme=TOPIX%E3%82%B3%E3%82%A230


トヨタ、ホンダ、ソフトバンク・・・日本を代表する企業の名前が並んでいますね。


アメリカの株価指数であるダウ工業株30種平均(NYダウ)と同じく、わが国を代表する30銘柄が選出されており、こちらも注目度のとても高い株価指数です。
合わせて覚えておいてください!

まとめ

いかがでしたか?
TOPIXと日経平均株価の違いはお分かりいただけたでしょうか?


TOPIXと併せてTOPIXニューインデックスシリーズについても覚えていただくことで、日本全体の経済の状況から、日本を代表する企業の状況なども推し量ることができます。


日経平均株価とともに是非ご活用ください!


資産運用について、もっと詳しく知りたい!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

【名だたる企業がズラリ】日経平均株価 その②

前回に引き続き、日経平均株価の解説をしていきます。


今回は、組み入れられている銘柄についてのお話と、定期的に行われる入れ替えで選出、除外されることによる株価の影響について、説明していきます!


前回記事と併せて、日経平均株価の全体像をつかんでいきましょう!

 

 

日経平均株価を構成する銘柄

構成される銘柄は以下の6つのセクターに分類されます。

 

※日経平均株価採用銘柄の6つのセクター

  • 技術
  • 消費
  • 素材
  • 資本財・その他
  • 運輸・公共
  • 金融


また、各セクターごとの銘柄数と、構成比率(ウェート)は以下のとおりです。

 


採用されている銘柄数とウェートを見ることで、今の日本で勢いのある業種がなんとなくわかりますね!

 

影響力の大きい銘柄

更に日経平均株価の225銘柄の中で、ウェート上位の10銘柄は以下のとおりです。

 


やはり日本を代表する企業がずらりと並んでいます・・・。

 

※現在採用されている全銘柄はコチラからご確認ください。
・銘柄一覧 - 日経平均プロフィル
https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/component?idx=nk225


また、日経平均株価の算出に選定される225銘柄は定期的に入れ替えが行われており、原則として毎年10月の初めに定期的見直しが入ります。


定期見直しでは、銘柄の市場流動性(取引量)と、構成銘柄の6つのセクター(技術、金融、消費、素材、資本財・その他、運輸・公共の6分類)のバランスを考慮して、採用する銘柄と除外する銘柄が選定されています。

 

銘柄の入れ替えによる影響

先ほど、日経平均株価に選出される225銘柄は定期的に入れ替えが行われていることはお話ししましたが、銘柄の入れ替えの対象となった銘柄の株価はどのように値動きするのでしょうか?


選出された銘柄、除外された銘柄のそれぞれを、チャートを見ながら解説します!

 

日経平均225銘柄に選出された銘柄

※チャート画像:tradingView
https://jp.tradingview.com/


こちらは2019年10月の定期入れ替えで組み入れられた、医療関連サービスの「エムスリー」の株式チャートです。


オレンジのハイライト部分の右側、緑色の「買い取引量」を示す棒グラフが、日経平均株価に組み入れられたタイミングで大きく伸びています。


各メディアでは夏ごろから「日経平均株価の採用銘柄に選ばれるのではないか?」と予想されていたことから、選出される前から株価は上昇しています。

 


日経平均株価への組み入れ後は、組み入れ前と比べて銘柄の取引量自体も上がっていることもわかります。

 

日経平均225銘柄から除外された銘柄


こちらは2020年10月の定期入れ替えで除外された「日本化薬」の株式チャートです。


先ほどとは逆に、9月ごろから株価は下落。10月の見直しにより除外されたところでは、売り注文が急増しています。


以上のように日経平均株価の225銘柄に選ばれたり除外されたりすることが、個別銘柄に与える影響は大きいことから、夏ごろにはよく「日経平均に組み入れられる銘柄はどれだ!?」といった予想記事などが出てきて、それがまた個別銘柄の株価に影響を与えたりもします。

 

まとめ

2回にわたって日経平均株価について説明させていただきました!


日経平均株価はどんな指数なのか?
日経平均株価が景気や個別銘柄に与える影響


など、お分かりいただけましたでしょうか?


日経平均に組み入れられている企業は日本を代表する企業といえます。


気軽に日本株への分散投資を実現する手段として、「日経平均インデックスファンド」という、日経平均に連動する投資信託を活用してみるのもいいですね。


今後もこのような「株価指数」の解説も記事化していきますので、ご期待ください!


資産運用について、もっと詳しく知りたい!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

基礎知識を知っておこう!】日経平均株価 その①

今回から2回に分けて、日経平均株価について説明させていただきます!


日経平均株価は、日本を代表する225銘柄の平均株価であるということは広く知られていますが、詳しく理解されている方は少ないのではないでしょうか?


今回の記事では、日経平均株価の概要と、日経平均株価と経済の関係性について、解説していきます。
前後編ともに読んでいただき、日経平均株価の理解を深めていきましょう!

日経平均株価の概要

株価指数とは、「株式市場に上場されている株の値動きを平均化し、数値化したもの」のことを言います。


日経平均株価は、トヨタやホンダなど日本を代表する225銘柄を日本経済新聞社が東証一部に上場している企業から独自の基準で選出し、算出される株価指数のことをいいます。

 

日経平均株価は、今まではそれぞれの株価を旧額面50円相当の「みなし株価」に換算し、それらの合計を「除数」(銘柄の入れ替えが行われても、指標の連続性が保たれるように修正するようにする値)で割って求める「みなし額面方式」で算出されていましたが、今年から「株価換算係数方式」という計算方法で算出されることになっています。
(この辺りは複雑ですので、仕組みだけ覚えておけば問題ありません。)

世界の代表的な株価指数

日経平均株価と同様の株価指数は世界各国で存在します。世界における代表的な株価指数を3つご紹介します。

 

 

【米国】ダウ工業株30種平均(NYダウ)

ダウ・ジョーンズ社がアメリカ市場に上場している代表的な30銘柄を選出して、構成銘柄の株価を合計し、除数で割って求められる株価指数です。
アップル、マクドナルド、ウォルトディズニーなど、知らない人はいないような大企業で構成されています。

 

 

【英国】FTSE100種総合株価指数(FTSE100)

ロンドン証券取引所に上場している時価総額上位100銘柄を対象に算出する株価指数。
ロンドン証券取引所の子会社のFTSEが発表。
衣料ブランドのバーバリーや、通信会社大手のボーダフォンといった英国を代表する企業が名を連ねています。

 

 

【香港】ハンセン指数

香港の大手銀行である恒生(ハンセン)銀行の子会社であるハンセン・インデックス・サービス社が算出している株価指数です。
香港証券取引所で取引されている銘柄の中から、代表的な48銘柄を対象として算出する株価指数。
中国株を筆頭としたアジア株の動向を測るのに重要な指数として幅広く利用されています。


多くの銘柄が頻繁に入れ替わるのも特徴で、数年前までは香港企業が大多数を占めていましたが、近年は中国企業が台頭してきています。
恒生銀行の他、騰訊(テンセント)中国石油天然気(ペトロ・チャイナ)などが選出されています。

日経平均株価=日本の景気を反映してるのか?

日本を代表する企業の銘柄を集めた日経平均株価は、日本の景気を反映していると解釈する人も多いと思います。

 

※チャート:TradingView
https://jp.tradingview.com


上のチャートは2010年代の日経平均株価のチャートです。
確かに、経済における大きな動きと共に、日経平均株価も上下をしていることが分かります。


しかし、日経平均株価がそのまま日本経済の状況を反映していると言い切れない側面もあります。
それは、日経平均株価の算出方法の性質上、構成比率(ウェート)の影響を強く受けるという点です。


日経平均株価の全銘柄の中で、ウェートの上位10銘柄が占める割合は、ほぼ4割となっており、もしこれらの銘柄の株価が大きく上下すると、日経平均株価もその影響を受けて大きく上下することになります。


例えば、日経平均株価で最も大きなウェートを占めているファーストリテイリングの株価が大きく下落すると、日経平均株価も影響を受けて下落する・・・ということが起こり得ます。


このように、一部の企業の株式が強い影響力を持っているため、必ずしも225銘柄全体の値動きを完全に反映して動いている指数ではない、ということに注意が必要です。


とはいえ、大きな経済の動きがあった時には上場企業のほとんどが影響を受けることが多いため、そのような時には日経平均株価も連動して上昇、下落をするので、経済の流れを大まかに見る上では、やはり参考となる指数といえます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、主に日経平均株価の概要について説明させていただきました。


次回は日経平均株価に組み入れられている企業、選出された企業と外された企業の株価はどうなるのか?見ていきます!
次回も是非ご覧ください!


資産運用について、もっと詳しく知りたい!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

 


※参考:指数情報 - 日経平均プロフィル(2021年9月22日閲覧)
https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/profile?idx=nk225

【もらい方でソンをする!?】退職金と税金のお話

今回は、退職金に関するお話をさせていただきます。


長年働かれてきたサラリーマンの方が、一生の中で大きなお金を得ることができる機会である退職金。
DC(企業型確定拠出年金)の広がりもあり、2017年の人事院の調査結果で退職金制度を導入していると答えた企業は全体の92.6%(※1)と、多くの企業が導入している退職金制度ですが、忘れてはいけないのは、退職金にも税金がかかるというということです。


また、年金のもらい方によっても控除の計算方法も変わるので、支払う税金額にも違いが出てきます。
今回の記事では、そんな退職金と控除の仕組みについて解説していきますので、最後までお読みください!


※1:民間の退職金及び企業年金の実態調査の結果並びに国家公務員の退職給付に係る本院の見解について
https://www.jinji.go.jp/nenkin/H28/gaiyou28.pdf

 

退職金にかかる税金

退職金にかかる税金は以下の3つです。

 

 

所得税

所得から、各種所得控除を差し引いた「課税所得金額」に応じた税率を適用し、税額を計算

 

 

住民税

都道府県民税と市区町村税を合算した税金。
前年の所得金額に応じて計算される「所得割」と一定の所得がある人に定額で課税される「均等割」で構成される。
税率は課税所得金額によらず一律10%

 

 

復興特別所得税

東日本大震災からの復興の為に必要な財源確保を目的に創設。
2013年~2037年までの期間限定。

税額 = 基準所得税額 × 2.1% 
(基準所得税額 = 所得税額から差し引かれる金額を除いたもの)

 

退職金の受け取り方の違い

退職金の受け取り方についてはは法律で定めがあるわけではなく、企業により退職金の受け取り方は異なります。
代表的な受け取り方は、以下の2つです。

 

  • 退職一時金 ・・・ 退職時に一括で受け取る
  • 企業年金  ・・・ 年金として分割で受け取る


企業年金に関しては、分割だけでなく、一時金としての受け取りが選択できるようになっていることが一般的で、年金で受け取る部分に関しては受取期間が選択できる制度にしている企業もあります。


どちらにせよ、企業の就業規則内の「退職金規程」で定められた運用となりますので、ご自身が勤めている企業退職金制度はどのようになっているのか、この機会に確認してみてください。


退職金を一時金として受け取るのか?分割で受け取るのか?で税額の計算方法が異なりますので、見ていきましょう。

一時金として受け取る場合

税金の観点で見ると、一時金で受け取った場合の退職金は「退職所得」として処理されます。


「退職所得」の計算は以下のとおりです。

 

  • 課税退職所得額の金額 = (一時金の金額 ー 退職所得控除額) × 0.5


退職所得控除額は以下のように計算されます。

 


一時金の額が退職所得控除額の範囲内であれば非課税となりますが、退職控除額を超える場合は、上記の計算式で割り出された課税退職所得額が課税対象となります。


課税退職所得額に応じた所得税率を掛け、控除額を差し引いた額が所得税額として計算されます。

 


30年勤務した方が2,500万円の退職金を受け取った場合の所得税及び復興特別所得税は以下のようになります。

 


これに住民税として500万円の10%=50万円が引かれますので、上記の表の場合の税金総額は約108万円となります。


※出典:国税庁
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/02_3.ht

 

年金として分割で受け取る場合

年金として分割で受け取る場合は、一時金で受け取る場合とは異なり、退職金は「雑所得」として処理されます。


雑所得の計算は以下のようになります。

 

雑所得 = 年金(分割で受け取る退職金 + 公的年金受給額)の収入 ー 公的年金等控除額


計算式を見てもらって理解していただけると思いますが、分割で受け取った退職金は、公的年金の受給がある場合、その金額と合算して計算されるということに注意してください。


雑所得の計算の早算表は以下のとおりです。

 


65歳以上の方が2,500万円の退職金を年金として10年間で分割して受け取り、別に公的年金を年間200万円受け取った場合で計算してみましょう。


一年間で受け取る年金額は450万円ですので、上記の早算表に当てはめると


450万円 × 0.85 ー 68万5千円 = 314万円


314万円で税金が計算されますので、所得税は


314万円 × 10% ー 97,500円 = 21万6,500円


復興特別所得税は


21万6,500円 × 2.1% = = 4546円


住民税は


314万円 × 10% = 31万4千円


ですので、税金は合計で 53万5,046円となります。
これを10年間ですので、約530万円税金として引かれる計算ですね。


公的年金の税金と合算しているので、結果として雑所得の算出テーブルも上がってしまう関係で、税金の支払いが多くなってしまっているのが分かるかと思います。


このような結果になるのは、一時金で貰った場合の方が、ほかの所得と合算せず分けて計算する「分離課税」となっているため、退職所得控除を活用できた方が、税制面で優遇を受けやすいということです。

 

まとめ

いかがでしたか?
退職金の受け取り方の違いで、結構な金額の税金が変わってくるということはご理解いただけましたでしょうか?


高齢化社会が進み、最初から退職金制度を定めず、代わりにDC(企業型確定拠出年金)企業も年々増えてきているため、社会の状況によっては、将来の税制も変わっていく可能性もあるため、その動向にも注意していくと良いかもしれません。


税金の仕組みを知っておくことも、お金を守る上では大切なことですので、今後も継続して学んでいきましょう!


「おかねの勉強」に興味がある!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

【10月開催】キッズマネースクール@福岡開催のご案内

​​

※満員御礼のため、受付終了※

​​新型コロナウィルス対策について

アルコール消毒と検温について

入口にてアルコール消毒と検温を行います。当日37.5度以上の発熱や咳などの症状が見受けられる方は参加不可となりますのであらかじめご了承くださいませ。

 

マスク着用について

当日、講師とスタッフはマスク着用を徹底しスクールを開催致します。ご参加のみなさまもマスクご着用の上、ご参加の程よろしくお願い致します。

 

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止に伴い、イベントの開催を中止する場合がございます。

​​キッズマネースクールとは?

クレジットカードなど「見えないお金」の世界が

当たり前となってきている中、

子ども達はお金の大切さを理解できているでしょうか?

 

小さい頃から金銭感覚を少しでも身につけると


『自分で生きていく力』となります。

 

お金について楽しく学べる

体験型のキッズマネースクールでは

お金は汚いものではなく

「ありがとう」と交換する素晴らしいものだよ!

と、自然とお子さんに伝えることができます。

 

楽しい中にもしっかりと学ぶ

そして「お金=ありがとう」を学ぶ

 

2時間近いスクールで4歳のお子さんでも

最後まで楽しめるコンテンツになっています^^♪

 

皆さんの大切な週末を子ども達と

「お金」について一緒に学んでみませんか?

キッズマネースクールってこんな感じ!

★スクールの様子を動画でチェック!!★

 

キッズマネースクール公式

​​親子で学ぶイベントのため、おうちの方は

ご夫婦で参加されることをおすすめします!

 

認定講師のご紹介

原 未咲

株式会社アーリークロス 

キッズマネースクール認定講師

白金 未咲(みさき先生)

 

キッズマネースクールへの想い

子どもが習い事を「楽しく長く続けるコツ」ってご存じですか?それは「学ぶ=賢くなるから楽しいんだ!」ということを子どものうちに実感することが大切なんです。

子どもの可能性は無限大です。

子どものうちからお金の勉強ができていればお金に強くなるだけではなく、生きていく上で働いてお金を生み出すことの大変さを学ぶことができ、一生懸命働いている人に対しての感謝の気持ち『ありがとう』の一言を誰に対しても伝えることができる子どもに成長します。

 

また子どもと一緒にお父さんお母さんもお金の勉強ができれば、共に成長を実感することができ、それを子どもはもっと喜んで『もっと知りたい!勉強したい!』という気持ちが芽生えてきます。

 

「家族みんなが楽しく学んで未来へステップアップ」できるような、そんな『新しい家族の時間』を提供していきたいと思っております。

スクール開催のご案内

主催   :キッズマネースクール福岡 おかねの教科書校

開催日  :2021年10月16日(土)

      2021年10月31日(日)

開催時間 :10:30 ~ 12:30(受付10:10~)

      14:30 ~ 16:30(受付14:10~)

開催場所 :中州ビジネススクエア9階(中洲川端駅 徒歩5分)

お持物  :はさみ、色えんぴつ

参加費  :無料

備考   :開始10分前には受付をお済ませください。

 

【参照する経済指標をご紹介!】トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ その②

以前、トップダウンアプローチとボトムアップアプローチについて説明させていただきましたが、その時に少しだけ触れた、それぞれの分析を行うときに参照する代表的な指標について説明させていただきます。


トップダウンアプローチでは「景気動向指数」「GDP」について、ボトムアップアプローチからは「決算書」について説明していきます。


前回記事の補足としてご覧ください!

 

 

トップダウンアプローチに関連する指標

トップダウンアプローチとは、景気や金利などの外的要因の動向から、個別の投資先を決定していく方法です。
これらの外的要因を読み取るために指標を参照する必要があります。


前回記事の中で触れた指標は「景気動向指数」「GDP」でしたね。
今回はそれぞれの概要について説明します。

景気動向指数

景気動向指数とは、内閣府が毎月発表している、景気全体の現状や、将来の動向を予測したりするときによく使用される経済指標です。


この指標は大きく分けて3つの指数に分けられています。

 

  • 先行指数 ・・・ 景気を1~2年間先取りして反応する指数
  • 一致指数 ・・・ 景気と並行して動く指数
  • 遅行指数 ・・・ 景気に遅れて動く指数


景気を先取りしている先行指数の中には、新規求人数、新設住宅着工床面積、東証株価指数などが含まれます。

一致指数生産指数(鉱工業)、営業利益(全産業)、有効求人倍率(除学卒)などが入っています。

遅行指数家計消費支出、完全失業率、消費者物価指数などが含まれています。

GDP

よく聞かれるワードですが、GDP(Gross Domestic Product = 国内総生産)は、国内で一定期間新しく生み出された商品やサービスの総額を指します。

 


上の図を見てください。
米農家の方が20円で酒造に米を売り、酒造は100円で消費者に日本酒を販売したとします。
このうち、GDPはそれぞれが生み出した「付加価値」を指しますので、この例でいうと、米農家と酒造の生み出した付加価値の合計(20円+80円=100円)がGDPになります。


このように、国内で生み出された新たな価値を数値化したものがGDPなのですが、注意点として、メルカリなどに代表される中古市場の売買はGDPに反映されていません。

経済のお金の流れ全てが反映されているわけではないということはあまり知られていませんが、注意が必要です。

ボトムアップアプローチに関連する指標

決算書

企業の財務状況を確認するために利用するのは、企業の決算書です。


企業は設備投資、商品の販売から、合併・買収、商品の仕入れをしたり、お金を借りたり、社員への給料の支払いなど、様々な経済活動をしていますが、それらを一目でわかりやすくしたものが決算書です。
企業はあらかじめ決算日を決め、決算日までの1年間の成績を発表します。1年間のスタートは「期首」ゴールは「期末」といいます。


上場企業が決算書を公開しているのは、銀行、税務署、取引先や株主などの利害関係者へ向けて、会社の実態を正確に伝達するためです。


決算書は貸借対照表(B/S = Balance Sheet)損益計算書(P/L = Profit Loss Statement)で構成されます。

 

  • 貸借対照表 = 期末時点の会社の財務状態を表したもの
  • 損益計算書 = 会計期間における経営成績を表したもの

 

 

まとめ

いかがでしたか?
トップダウンアプローチ、ボトムアップアプローチのそれぞれで参照する指標を説明させていただきました。

どの指標も奥が深い指標になるため、概要の説明だけさせていただきましたが、理解が深まると投資先を選ぶうえで便利になるだけでなく、決算書の読み方を学ぶと、資産運用以外の分野でも役立てることができます。


興味のある方は、この機会に詳しく学んでみてはいかがでしょうか?


資産運用について、もっと詳しく知りたい!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

Q.他社との違いは何ですか?

A.

A/導入手続きサポート
約6カ月間の導入手続きでは、就業規則の変更や厚生局への申請など慣れない手続きが発生いたします。アーリークロスではこの面倒な手続きを、できるだけ導入企業の負担とならないように関係各所との調整をしつつ、手取り足取りサポートいたします。

B/制度説明や投資教育
企業型DCは、制度導入だけでは効果を最大化できません。効果を最大化させるためには従業員の制度理解や投資に関する理解を深めていく必要があります。アーリークロスでの制度説明や投資教育では、単に説明するだけではなく「伝えて一歩踏み出してもらう」という事を意識した結果、通常2~3割の加入率の所、8割の加入率を達成しております。(※選択制の場合)

C/個別相談無料
いくら掛けるのか?どこに預ければいいのかは一人一人異なり、またもっとも不安に思う所です。アーリークロスではDC導入企業の従業員様には個別相談を無料で実施しているため、掛金や預け先のみならずDCを含めた総合的な個人の資産形成アドバイスまでサポートしております。

Q.対応可能エリアはありますか?

A.打ち合わせから投資教育まで全てオンラインでの対応も可能となりますので、エリア制限はありません。これまでの対応実績では、南は沖縄、東は東京までサポートしております。

Q.導入費用はいくらかかりますか?

A.基本的に制度導入時に1度だけかかる初期費用と、毎月必要となる月額費用の2つが発生いたします。どのような制度設計にするか、加入者が何名いるかで変わってきますので担当までお問い合わせください。
Contact
ご質問、ご意見等ございましたらお気軽にお問い合わせください。