【固定費見直し】毎月のスマホ代を見直してみよう!

突然ですが、皆さんは毎月の携帯、スマホ代にいくら支払っているのか、意識はされていますか?


例えば固定費支出を5000円減らす事と、収入を5000円増やす事、どちらも手元に残るお金が増えるという意味では同じことですから、「お金を守る」という意味では、固定費を見直してみる!ということも、とても大切な視点です。


今回は、5年前にソフトバンクから格安SIMに移行した筆者の体験談も交えながら、スマホ代の見直しについて考えてみましょう!


※今回の記事は、主にドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアをご利用の方向けの内容になっていますので、「既に格安スマホを利用しているよ!」という方は、今回は聞き流してください(笑)

キャリアごとの平均月額料金を見てみよう!

まずは、キャリアごとにスマホ代をどれだけ支払っているのか?という調査の結果を見てみましょう。(別サイト)

 

携帯支払いの月額平均は大手3キャリアは「8312円」、格安SIMは「4424円」――MMD研究所調べ - ITmedia Mobile
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2011/27/news094.html


データだけ見てみると、大手3キャリアからの移行を行うだけで月平均4000~5000円の節約ができるパターンがほとんどである、ということがお分かりいただけると思います。


しかしながら、総務省発表のデータを見る限りでは、そのまま大手3キャリアを使い続けている人も未だに多いのも事実のようです。

 

 

※総務省|報道資料|電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (令和2年度第4四半期(3月末))
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban04_02000187.html


筆者も5年前にソフトバンク→楽天モバイルに移行したのですが、ソフトバンクと契約していた時は月額約1万円だったものが、一気に月額4000円(どちらも端末代込)になりました。
契約を見直しただけで月額6000円もの節約になり、当時は「なんで早くやらなかったんだろう・・・」と思ったものです(笑)

見直しを阻害する要因への回答

とはいえ筆者もそうでしたが、大手3キャリアから乗り換えるにあたって、様々な懸念事項があるかと思います。
乗り換える際に気になる点について、回答していこうと思います!

大手3キャリア特有の「2年縛り」について

よくあるパターンとして、2年定期契約、いわゆる「2年縛り」の存在のせいで、見直しに踏み切れない方もいらっしゃるかと思います。この点は、近年総務省が問題視している、大手3キャリア特有のシステムですね。


特定の期間以外では、解約違約金として約1万円の費用が発生するというものですが、「違約金が払いたくないから、乗り換えはやめとこう・・・」となりがちではないですか?


結論として「違約金を支払ってでもすぐ乗り換えた方がいい」です。


先ほどの記事の調査結果を例にとって、乗り換える場合とそうでない場合の年間支出の差を見ると・・・

 

・大手3キャリア(月額8,000円)
 → 年間96,000円
・格安SIMに乗り換え(月額4,000円 + 違約金10,000円)
 → 年間58,000円


※年間38,000円の節約!


このように、乗り換えた時点で年間支出の削減になることは明らかなので、なるべくすぐに乗り換えるだけ節約につながる、ということはお分かりいただけると思います。

端末について

大手3キャリアと契約している方は、端末代金を分割で支払っている方が多いと思います。


解約すると、決して安くはない端末代金の残債を支払う必要があるため、解約をためらう方もいるかと思いますが、こちらに関しても、残債を支払ってでも乗り換えた方が色々と得ができます。


大手3キャリアの場合、端末の購入は「必ず各種キャリアを通して購入する」必要があります。
対して格安SIMの場合「キャリアの用意した端末、手持ちの端末どちらも使える」という、自由度の高い仕組みです。なので、

 

  • 安い端末を購入する
  • 中古端末を購入する
  • 手持ちの端末を使う


などの工夫次第で、端末代金を節約する選択肢が増えます。
もちろん解約時に予めSIMロックの解除(大手3キャリアだとサイトから無料でできます)しておくことで、残債支払い済みの端末をそのまま流用できます。

 

その他

その他、考えられる、乗り換え前の懸念点について、簡単に回答していきます。


まず、通話料がおおむね30秒10円など、定額でない点については、LINE通話の活用や、無料通話オプションが用意されている格安SIMを使えば問題ないです。


キャリアメールが無いことも、当初は不安に思いましたが、今はGmailで全く問題ない状況です。メールを使うシーンも近年は減ってきました。


通信が安定しないのでは・・・?という点についても、通常使用ではほぼ差を感じることはなかったですし、自宅にWIFIがあれば不便を感じることも有りませでした。


このように、乗り換えることでストレスを感じるシーンが無く、料金だけが安くなるので、固定費の見直しという点でスマホ代は、すぐ着手すればするほど、コスト面での効果がすぐ実感できる項目ですので、まずはご自身のスマホ代を見て、見直しを検討してみることをおススメします。

 

まとめ

いかがでしたか?
月々支払っている固定費を見直すだけでも、ご自身の「お金を守る」ことにつながります。


大手3キャリアが今年の3月にスタートさせた新料金ブランド(ahamo、povo、LINEMO)への乗り換えは、2年縛りの違約金も免除される※ため、
「これまでスマホ代は手をつけてこなかった・・・」
という方は、検討してみてはいかがでしょうか?


※各キャリアにより細則が異なるため、詳細は各社サイトをご確認ください。

 


「おかねの勉強」に興味がある!
そんな方は、アーリークロスにご相談ください!

 

 

「おかねの教科書」最新セミナー情報をCheck!

Contact
ご質問、ご意見等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
このサイトを共有する