⽼後2,000万円問題の真実をご存じですか?

2019年6月、金融庁の発表により「高齢社会における資産形成・管理」いわゆる老後2000万円問題が懸念されています。老後2000万円問題とは、老後年金だけでは平均して2000万円資産が足りないと予想されているため、不足分を将来の備えとして補わなければならないという問題です。
しかし、貯金だけで老後に備えようとすると、今の生活を切り詰める(犠牲にする)必要が出てきます。

老後いくら不足するかは人により異なってきますが、
今のままでは老後資金が不足する事は火を見るよりも明らかです。
さらには、これからの人口減少を加味すると、
老後2000万円問題は老後5000万問題 へと膨れ上がります。

Contact
ご質問、ご意見等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
このサイトを共有する